宝のまち・豊後FUNAI芸術祭

「おぺらくご」

南蛮文化がいち早く栄えたまち豊後府内で開催する「宝のまち・豊後FUNAI芸術祭」は今年で3回目を迎えます。コンパルホールでは、桂 米團治、桂 米輝を招き、一部で毎年好評いただいている上方落語、二部で九州初披露となる、おぺらくご「フィガロの結婚」をお届けします。

古典芸能として広く愛される“落語”と、古代ギリシャ神話を元にヨーロッパ各地から広まった歌劇“オペラ”は、東西の文化は違えど、時代背景は同じ18世紀ごろ。この同じ時代に、まったく違った背景で生まれた“落語”と“オペラ”を合体させた「おぺらくご」は、落語家 桂米團治氏が確立した新ジャンルです。桂 米團治氏の軽快且つ爽快な語り口に、オペラ歌手の芳醇な歌声と演奏家の美しい旋律が交わり、今まで体験した事のない新しい舞台芸術の世界へと誘います。演奏は、大分クラシック界を牽引するヴァイオリニスト朝来 桂一氏をはじめ、大分にゆかりのある演奏家11名とオペラ歌手3名が一堂に集結します。“奇跡のコラボレーション”で魅せる、日本と西洋の舞台芸術の融合をご堪能ください。

 

日時:2018年2月12日(月・祝)

開場 13:30 開演 14:00 終演 16:00予定

 

一部:落語会 桂 米輝 桂 米團治

二部:おぺらくご「フィガロの結婚」モーツァルト作曲

構成・演出:桂 米團治

出演:桂 米團治

梅津 百合子(ソプラノ) 本田 ゆりこ(ソプラノ) 但馬 由香(メゾソプラノ)

演奏:朝来 桂一(ヴァイオリン/コンサートマスター) 手嶋 真里乃(ヴァイオリン)  佐藤 真紀(ヴァイオリン)

徳丸 朝子(ヴィオラ)  佐藤 翔(チェロ) 山本 真実(コントラバス) 國頭 彩(ファゴット) 吉田 桃奈(オーボエ)

河野 真実子(クラリネット) 浮島 小智(ホルン) 麻生 恭子(フルート)

 

場所:コンパルホール 1F 文化ホール

入場料:2,000円 ※全席指定・未就学児は入場不可

チケット発売日:12月1日(金)10:00~

チケットお取扱い:コンパルホール1F受付・トキハ会館プレイガイド

 

主催:大分市/コンパルホール

後援:大分合同新聞社/NHK大分放送局/OBS大分放送/TOSテレビ大分/OAB大分朝日放送/エフエム大分/大分ケーブルテレコム/

ゆふいんラヂオ局/月刊・シティ情報おおいた

制作協力:米朝事 務所

協力:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

 

お問い合わせ:コンパルホール

〒870-0021 大分市府内町1-5-38

TEL:097-538-3700

http://www.compalhall.jp