いつ:
2017年11月14日 @ 07時12分 – 08時12分
2017-11-14T07:12:00+09:00
2017-11-14T08:12:00+09:00

体感!

コンパルホール発、コンテンポラリーダンスの特別企画
DANCE(ダンス ドット).com(コンパル)――
「第33回国民文化祭・おおいた2018」
「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」のプレイベント

 

日本の若手振付家のトップランナーの一人として活躍し、「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の

オープニングステージの演出と振付を担当するダンサー 穴井 豪と、気鋭のコンテンポラリーダンサー 熊谷 拓明による作品「I was wrong」を上演します。

ダンサーとして成熟期を迎える二人の、力強くも繊細で美しい舞台をご堪能ください。

 

I was wrong」 出演:穴井 豪 × 熊谷 拓明 

※終演後、アフタートークを予定しています。

 

日時:平成30127日(土)  開場 18:30 開演 19:00 

場所:コンパルホール 1 文化ホール

入場料:2,000円(全席指定)

チケット発売日:1115()10:00

チケットお取扱い:コンパルホール・トキハ会館プレイガイド・

ローソンチケット【Lコード:816490570-084-008・チケットぴあ【Pコード:482-694

※車椅子エリアはスペースに限りがございます。(6席分)

ご希望の方は、事前にお問い合わせください。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。

※チケットはお一人様一枚ご用意ください。

 

 

 

コンパル発!

「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」PRムービー

 

昨年、“菊千代”の名猿技で話題を集めた、大分市PRムービー「SARU(サル) TABI(タビ)」や、

長編作品「Floating(フローティング) Away(アウェイ)」を劇場公開した、注目の映画監督 衛藤 昂。

本企画「DANCE(ダンス ドット).com(コンパル)」では、衛藤 昂が撮り下ろした国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭PRムービーをお披露目します。

「日常」の空間が、非日常になる瞬間 ――― 大分市で「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」

の会場となる数々の公共文化施設の“あの場所”や“この場所”にて、穴井 豪が美しく自由に舞い踊った姿を「コンパル発」でお届けする、新感覚のPRムービーです。

衛藤 昂の洗練された映像と、穴井 豪の豊かな肉体表現から生み出される融合美をお楽しみください。

 

撮影協力:

公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団(iichiko総合文化センター/大分県立美術館)

ホルトホール大分/平和市民公園能楽堂/大分市美術館/アートプラザ

発信地:コンパルホール

 

主催:第33回国民文化祭、第18回全国障害者芸術・文化祭大分市実行委員会/コンパルホール

企画制作:コンパルホール

共催:大分合同新聞社

協力:OITA’n DANCE ORGANIZATION (O’n DO)

お問い合わせ:コンパルホール

〒870-0021 大分市府内町1-5-38  TEL:097-538-3700 http://www.compalhall.jp